時事ネタ

安倍首相の辞任時期はいつになる?次の総理に注目が集まる!

8月28日に安倍首相が辞任の意向を固めたとビッグニュースが入ってきました。

安倍首相は会見にて「持病が悪化したことや、国政に支障が出る自体は避けたい」として辞任することを決めたようです。

そして気になるのは、辞任する時期と次の総理候補です。

安倍首相・辞任の意向を固める!

8月28日に倍総理大臣は、持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めました。

安倍首相は持病が悪化したことから今月16日から夏休みを取り、自宅で過ごしたりかかりつけ医がいる慶応大学病に連日検診を受けるなどしていました。

政府の発表では安倍首相は回復に向かっているとされていましたが、今回辞任の意思を固めたようです。

先日、任期が歴代最長を記録したばかりなのにこの発表は少し寂しいように思えますね。。

ネットでも安倍首相の辞任を悲しむ人が大勢いらっしゃいました。

安倍首相の辞任する時期はいつになる?

気になる安倍首相の辞任する時期ですが、昨日の時点での菅官房長官の発表によると来年9月までの任期は全うするとのことでした。

  1. 次期総理候補の選定
  2. 党内外での今後の打ち合わせ
  3. 総理職務の引き継ぎ
  4. 関係各所への連絡

総理を辞任するとなると次期総理候補を決めないといけません。

予め今日の発表に向けて決めていたとしても、総理が抱えていた膨大な量の業務の引き継ぎや関係各所への連絡など考えると、すぐに辞任とは考えにくいです。

全ては28日、夕方に行われる記者会見にて発表されるので最新情報が入りしだい、追記していきます!

なにより、今回の辞任の理由は「持病の悪化」な為、長引かせるのも総理にとって良くないことなのでなるべく早く引き継いでゆっくり休暇をとって欲しいですね!

安倍首相が辞任した後の総理は誰になる?

今回の辞任において、辞任次期と同じかそれ以上に気になるのが次期総理です。

報道番組ではこのような画像が映し出されていました。

【首相の臨時代理とは?】

欠けた場合又は事故のある場合に、臨時にその職務を担う国務大臣

現状、安倍首相の代理を務めることになっているのが過去に首相を勤めたこともある「麻生副総理」が担当することになっています。

これは安倍首相から信頼を置かれている、人たちにしか与えられない職務であり自分の後継者とも言える人たちになります。

しかし年齢を見ていくと安倍首相が65歳なのに比べ皆さん比較的高齢です。

麻生副総理-79歳

菅官房長官-71歳

茂木外相-64歳

高市総務相-59歳

河野防衛相-57歳

この中で高市総務相と河野防衛相のみが安倍首相より年下ですね。

この二人であれば次期総理として可能性が高いのは、河野防衛相ではないでしょうか。

ネットでも同じような声が上がっていました!

河野防衛相は国民からの人気も非常に高く年齢も57歳と比較的若め。

そして防衛相という立場から様々な国との交渉を重ねてきた経験から外交にも役立てると思います!

もちろん誰が総理になろうとも応援していきたいですね!