話題の人物

【画像】日高逸子の若い頃が可愛い!デビューから現在まで比較してみた

日高逸子さんは宮崎県串間市出身、福岡県福岡市在住の競艇選手です。

1985年に競艇デビューを果たし、2021年現在は競艇の現役女子選手として最年長となっています。

本日は、若い頃から可愛いと言われている日高逸子さんのデビュー当時から現在に至るまでの容姿についてまとめていきます!

【画像】日高逸子の若い頃から現在を比較!

日高逸子の若い頃から現在比較①【1985年でデビュー】

日高逸子さんは、高校を卒業後に信用金庫に就職しましたが1年で退職されています。

その後、上京して製菓学校・旅行会社・喫茶店で働いていたようです。

スタイルも抜群でアイドルのように愛らしい容姿ですね!

その時期に、競艇選手募集のテレビCMを見たことをきっかけに、本栖研修所での訓練を経てデビューを果たしました。

日高逸子の若い頃から現在比較②【1990年代】

1996年に現在の夫である井上邦博と結婚します。その後、長女と次女を出産します。

なんと日高敦子さんは、長女の時も次女の時も出産から3ヶ月後に現役復帰をしています!

日高逸子の若い頃から現在比較③【2000年代】

2002年には唐津競艇場で通算1000勝を達成します。

競泳選手でありながら、2児の子をもつ母親として子育てに奮闘されていた時期かと思います。少しパーマをかけた茶髪が良く似合いますね!

2008年には下関競艇場で行われたジュエルセブンカップ(オール女子戦)で通算1500勝を達成します。

笑顔もとても素敵です!

2015年にはボートレース浜名湖の一般タイトル戦で通算2000勝を達成します。

通算2000勝は、女子としては山川美由紀さんに次いで2人目となります。

日高逸子の若い頃から現在比較④【2021年現在】

2020年前期に3度のフライングを切り、長期欠場を余儀なくされてしまいます。

一時は引退も考えられたそうですが、2021年2月の鳴門競艇場で復帰を果たします。

2021年で結婚25周年目を迎えます。

お写真でも仲の良さが伝わってきますね!

まとめ 【画像】日高逸子の若い頃が可愛い!デビューから現在まで比較してみた

若い頃はアイドルのように可愛らしく、スタイルも抜群だったようですね。

年齢を重ねるにつれて、上品な女性へと成長されています。

ご主人との笑顔の写真も多く、幸せそうな生活が伝わってきます。

日高逸子さんの今後の活躍が楽しみですね!