時事ネタ

コロナワクチンで故障した冷凍庫メーカー(会社)はどこ?大手4社をまとめ!

厚生労働省は1日、コロナワクチンの保管用冷凍庫が故障したと発表しました。

現在、最大1032回分のワクチンが利用不可能になったようです。

一体故障したコロナワクチン冷凍庫のメーカーはどこの会社なのでしょうか?

コロナワクチン保管用冷凍庫が故障!

医療従事者へ先行接種に使用される予定だったコロナワクチン保管用冷凍庫が故障したと報じられています。

保管用冷凍庫・ディープフリーザーは先月26日深夜に故障したようです。

結果的に最大1032回のワクチン接種ができなくなりましたが、今の所どこの医療機関に配布するのかは公表できないと。

調べてみると、コロナワクチン保管用冷凍庫を作成した会社は4社みつかりました。

コロナワクチンの冷凍庫メーカー(会社)はどこ?

1月27日の報道によると国内メーカー4社がコロナワクチン用冷凍庫の受注を受けています。

その4社とは以下の通りです。

【コロナワクチン用冷凍庫メーカー】

  1. PHCホールディングス(HD)-3000台
  2. EBAC(東京都目黒区)-2800台
  3. 日本フリーザー(東京都文京区)-2300台
  4. カノウ冷機(相模原市南区)-1700台

これらの会社がそれぞれ1700~3000台を受注し合計で10000万台を作成する予定でした。

今回、どこの会社の冷凍庫が故障したのかは公表されていません。

どちらにせよ故障をだしてしまった会社は相当悔しいでしょう。

未曾有のウイルス被害な為にこういった事も十分に起こりえることですね。

コロナワクチン冷凍庫故障にネットの反応は?