時事ネタ

『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』は詐欺!見分け方・対処方など解説!

『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』というタイトルでメールは来ていませんか。

もしかしたらそのメールは詐欺かもしれません。

今回は『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』というメールが詐欺なのか見分ける方法とクリックしてしまった際の対処法などをまとめていきます!

『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』は詐欺!

二回目の特別定額給付金が支給されるかもしれないというニュースが連日報道されています。

その中で政府を装った詐欺メールが横行していると総務省は注意喚起しています。

10月15日(木)の早朝頃から、総務省を騙るメールアドレス(info_atmark_soumu.go.jp)から、「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」といった旨及び偽の特設サイトに誘導するリンクが含まれたメールが送信されているとの情報が寄せられております。
(メールの誤送付防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。)

 当該メール及びサイトは、総務省も含め、行政機関によるものではなく、情報の詐取などを目的としたものと思われますので、決してリンクにアクセスせず、当該メールを削除してください。

引用:総務省

今回は詐欺の被害に合わないために『詐欺メールの特徴』『対処法』をまとめていきます。

【二回目特別定額給付金】詐欺の見分け方

詐欺メールは本物そっくりの内容で送られてきます。

特にメールに添付してあるURLは本物と見間違えてしまうほど似ています。

正しいURL

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html

間違ったURL

https://kyufukin-soumu-go-jp.xyz/

以下のようなメールが送られてきた際は必ずリンク先にアクセスせずにメールは削除してしまいましょう。

【詐欺メールに共通する点】

  1. 下記画像と同じ画面
  2. タイトル及び件名が『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』
  3. URLの最後がxyzと不自然なURL
  4. URLが『https://kyufukin-soumu-go-jp.xyz/』

【詐欺メール:例①】

From: 特別定額給付金 <info@soumu.go.jp>
Subject: 特別定額給付金再給付申請手続き代行を始めました。

【詐欺メール:例②】

From: “soumu@vip.3322.co.jp” <soumu>
Subject: 二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。

【詐欺メール:例③】

From: “soumu.go.jp” <kyufukin@soumu.go.jp>
Subject: 二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。

【二回目特別定額給付金】クリックした時の対処法

ここまで詐欺メールの見分け方を解説してきましたが、もし間違ってクリックしてしまった際の対処法をまとめていきます。

【リンク先で銀行口座・クレジットカード情報を入力した場合】

入力してしまった口座及びクレジットカードの引き落とし先の銀行のホームページに行くと相談フォームがあります。

一度そこで相談してみましょう

【金銭被害があった場合】

金銭被害があった場合は各都道府県に設置してある『都道府県警察サイバー犯罪相談窓口』に連絡し対応を仰ぎましょう。

都道府県警察サイバー犯罪相談窓口のリンクはこちらから

基本的には詐欺メールは削除するのが一番です。

もし仮に口座情報など入力してしまった場合は落ち着いて該当する銀行の相談フォームから相談するようにしましょう。

より詳しい対応方法は以下のリンクに書いてあります。

『フィッシング詐欺対応方法はこちらから』

詐欺メールについて今後の対応は?

今までにも同じ手口の詐欺は横行しています。

そのため個人での注意が必要となってくるため怪しいメールなどは開かないようにしましょう。

少しでも怪しいと思ったら『メールの件名・タイトル』をSNSやネットで検索してみると、詐欺だったとわかる時もあります。

  • リンクにアクセスする前にネットやSNSで検索してみる
  • 不自然なURLはクリックしない
  • 情報がない内は口座情報・クレジットカード情報は入力しない

一人ひとりが気をつけるようにしましょう!

ネットでは詐欺に対する注意喚起の声が多数!

まとめ『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』は詐欺!見分け方・対処方など解説!

今回は『二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。』というタイトルで送られてくる詐欺メールについてまとめてきました!

これまで似たような手口はありましたが、最近になって同じ手法のメールが増えてきているようです。

怪しいと思ったらアクセスする前に必ずネットやSNSで情報収集するようにしましょう!