TV

逃走中の子供は邪魔・いらないと批判殺到!過去には子役虐待で炎上も?

フジテレビの人気企画『逃走中』

最近ではこどもの日スペシャルなどで積極的に有名子役などが出演しています。

しかしネットでは『逃走中に子供はいらないし邪魔』といった批判的な意見が。

調べてみると過去の子役虐待の炎上などが関係しているようでした。

逃走中こどもの日SPロケ地・撮影場所はどこ?川崎競馬場で特定!2021年5月5日より逃走中2021こどもの日SPが放送されます。 今回は放送に合わせて、撮影場所を調べていきます! ネット...

逃走中に子供が邪魔・いらない理由は?

逃走中と調べてみると『子供いらない』『子役は邪魔』といった意見が非常に多く見られます。

《ミッションもしない、1人で怖いだのなんだの言う、何しにきたん?》
《この間の一般参加枠のキッズは凄い盛り上げてくれたけど、今回のキッズ枠はちょっと…》
《キッズの足でハンターに敵うはずが無いんだし、もっとちゃんと戦える大人の参加者呼んで来てくれ》
《空気読めないし足引っ張るし 最後まで白けたし面白くなかった》

引用:https://myjitsu.jp/archives/272325

調べてみると主に3つの理由が関係しているようでした。

今回は逃走中にて子供が邪魔、いらないと言われる理由を深堀りしていきます。

【逃走中で子供が邪魔、いらないと言われる理由】

  1. 気を遣う
  2. 足を引っ張る
  3. 年齢層

逃走中子供が邪魔な理由①【気を遣う】

逃走中のハンターは現役陸上選手など足がかなり速く、大人でもすぐに追いつかれてしまうほどです。

そこに子供が参加したとなれば、参加者やハンターは気を遣うシーンが多くなってしまいます。

それゆえに逃走中の醍醐味であるハラハラ感が薄まってしまったようですね。

現に複数の参加者が子供の代わりにミッションをしに行って捕まったシーンがありました。

ファンとしては子供が足を引っ張ったせいで、捕まったと考えてしまうようですね。

逃走中子供が邪魔な理由②【足を引っ張る】

周りの参加者が気を遣って子供を助けるシーンは視聴者から、足を引っ張っていると思われてしまったようですね。

特に濱口さんは優しさからか積極的に助けに行っていましたが、それが批判の的になってしまうことも。。

ここまで批判されることになったのが、youtuberのおーちゃんが関係しているようでした。

彼はハンターが怖くなって動けなくなり濱口さんに電話で助けを求めました。

この行動には『参加したからには頑張ってほしい』と厳しいコメントが寄せられることに。

逃走中子供が邪魔な理由③【年齢層】

逃走中に出演する子役は小学校低学年くらいの子が多かったです。

しかしSNSに感想を寄せる人は20~30代くらいの人がほとんどです。

この年齢層のギャップが邪魔・いらないといった批判コメントが目立つ理由になってしまったのではないでしょうか。

同年代からのコメントを集めたら高評価になりそうですね。

逃走中は過去に子役虐待で炎上?

邪魔・いらないといった批判的なコメントが目立っている中、『虐待ではないか』とも言われています。

《こどもが泣いてるの観て不快に思った。虐待くさい。周りの大人たち気持ち悪いわ》
《前回も今回もずっと怖がってたし、自分から動かなさすぎてネットで叩かれてるし、この子の親は何考えてるんやろ。まぁ、子どもをユーチューバーにする親だもんな…》
《キッズユーチューバー諸々言われてる…。こんな時代なんだし、親もちゃんと考えて仕事受けてあげなよ…》
《7歳の子どもが出たら怖いってわかるでしょ。しかも、足でまといになる、大人に気を使わせちゃう=炎上って事まで分かるよね》

引用:https://myjitsu.jp/archives/272325

こういった批判がある以上は何かしらの対策を打ったほうがいいようですね。

子供にしか通れない道だったり、子役だけでこなすミッションなど自発的に動けたほうがいいかもしれません。

逃走中の子供・子役に対しうざいとの声?