話題の人物

トランプ大統領の再選の可能性が『ほぼ0』な理由3選!対中国政策が鍵を握る?

アメリカ大統領選挙を目前とした今、トランプ大統領の再選の可能性はほぼ0と噂されています。

今回はトランプ大統領を抑えてバイデン氏が当選すると言われている3つの理由などをまとめていきます!

【陰謀論】トランプ大統領と秘密結社イルミナティの関係とは?カードが未來を的中させた?都市伝説が好きな人であればドナルド・トランプが大統領選挙に勝つことが、とあるカードによって未来予測されていたことをご存知の人も多いのでは...

トランプ大統領の再選の可能性は『ほぼ0』?

2020年11月3日から始まる大統領選挙は世界中の人々が注目しています。

そんな中、一部の専門家によると『トランプ大統領は再選の可能性はない』と断言する人まで。

専門家によると今回の大統領選挙において勝敗を分ける要因は13個あると言います。

  1. 中間選挙 民主党が下院を奪還したのでバイデン氏優位。
  2. ライバル候補の不在 トランプ氏と同じ共和党にはライバル候補がいないのでトランプ氏優位。
  3. 現職大統領であること トランプ氏は現職大統領なのでトランプ氏優位。
  4. 第三政党候補者の不在 カニエ・ウェスト氏が出馬したが、結局のところ、共和、民主両党の争いとなっているのでトランプ氏優位。
  5. 強い短期経済 パンデミックでリセッションが起きたのでバイデン氏優位
  6. 強い長期経済 パンデミックで2020年のGDPがマイナス成長となったのでバイデン氏優位。
  7. 国内政策の大改革 大統領令により大規模な税削減を行うなど、オバマ時代の政策を根本から変えたのでトランプ氏優位。
  8. 社会不安の不在 パンデミックによる社会不安や警察の暴力と制度的人種差別に対する抗議デモが起きたのでバイデン氏優位。
  9. スキャンダルの不在 トランプ弾劾裁判など様々なスキャンダルが起きたのでバイデン氏優位。
  10. 外交政策や軍事政策で失敗していない リクトマン氏はトランプ氏は失敗していないと見ており、トランプ氏優位。
  11. 外交政策や軍事政策で大きな成功をした リクトマン氏はトランプ氏は大きな失敗もしていないが大きな成功もしていないと見ており、バイデン氏優位。
  12. 現職候補のカリスマ性 トランプ氏はショーマン(演出上手)だが、限られた層にしかアピールしていないのでバイデン氏優位。
  13. チャレンジする候補者のカリスマ性の不在 バイデン氏は礼儀正しく思いやりはあるが、鼓舞するところがなく、カリスマ性もないのでトランプ氏優位。

この中でも特にバイデン氏の勝利を限りなく高める3つの要因があるようです。

トランプ大統領が負ける3つの理由とは

トランプ大統領は以下の3つの理由に落ちて次の大統領選に負けるとも言われています。

  1. コロナウイルスを軽視しアメリカ経済の低迷
  2. 人種差別に対する抗議デモの活発化
  3. トランプ弾劾裁判

トランプ大統領が負ける理由①【経済低迷】

大統領選挙を勝ち抜くかは国民からの支持利率が非常に重要になってきます。

その中で国民が注目すべきポイントといえば『コロナウイルスへの対応』です。

トランプ大統領はコロナウイルスが流行りだしの頃に『若い人はすぐに治る』などと軽視した発言が問題になっているようです。

「感染者の多くは一日で治るような若い人たちだ。症例数とすべきではない。彼らがひいてるのは鼻風邪だ」

トランプ大統領は、FOXニュースのインタビューで、このように述べた上で、新型ウイルスについて、「ある時点で消えてなくなるだろう」と改めて楽観的な見方を示し、「いずれ私が正しいことになる」と強調しました。

その証拠にトランプ大統領は公の場でもほとんどマスクをつけていませんでした。

しかし蓋を開けてみればコロナウイルスによる被害は世界一とも言われており、経済へのダメージも甚大なものでした。

そういった対応の悪さからトランプ陣営から離れる人が大勢いるようです。

【まとめ】

トランプ大統領がコロナウイルスを軽視した発言や対応の悪さからバイデン氏を支持する人が大勢でてきた

トランプ大統領が負ける理由②【人種差別の抗議デモ】

アメリカ国内で連日に渡って行われている黒人への差別デモに対する対応が国民からは不満が高まっているようです。

  1. 白人警察による黒人への過剰な暴行がスマホで拡散される
  2. アメリカ国内で連日『人種差別反対デモ』が行われる
  3. デモについてトランプ大統領が『これはデモではなく立派なテロ行為だ』と発言
  4. その一方で『大きな問題ではない』と軽視する発言

こういった行為や発言から人種差別デモの参加者たちからは不満が爆発しているようです。

対抗勢力であるバイデン陣営から『ドナルド・トランプの下では、こうした危機は増え続ける』と批判しているようです。

【まとめ】

白人警察による黒人への過剰な暴行が原因で人種差別デモが起きる

これに対しトランプ大統領は『大きな問題ではない』と発言しバイデン氏はこの発言を批判することに

トランプ大統領が負ける理由③【トランプ弾劾裁判】

政治家生命においてスキャンダルの有無は絶対的な信用問題に関わります。

大統領選挙を目前とした今、『トランプ弾劾裁判』に注目が集まっているようです。

  1. トランプ大統領がウクライナへの軍事支援と引き換えにバイデン氏への調査を依頼
  2. 2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが介入した疑惑を巡り、ロシア側が「介入したのはウクライナだ」と主張
  3. こうした行為は『権力乱用』と避難され議会に提出される

結局、無罪判決が下されたためトランプ大統領への疑いは晴れたようですが、国民からの印象は悪いようです。

いくら無罪とはいえ大統領となる人物に疑いがかかってしまうと完全に払拭するのは難しいようですね。。

【まとめ】

トランプ大統領にウクライナへの権力乱用行為が問題視される

無罪判決になったが国民からの印象は悪い様子。

トランプVSバイデンの戦いの鍵は対中国政策

バイデン氏の選挙当選の可能性をまとめてみましたが大統領選挙を左右するのに避けられない問題が『対中国』です。

この問題に置いてはトランプ陣営のほうが一歩リードしているようです。

民主党候補指名を固めたバイデン前副大統領を「中国に甘い」と非難。

バイデン陣営はトランプ大統領に対し『米国至上主義を掲げ同盟国を軽視している』と批判。

しかし米国民の66%が「中国に対し好感を持てない」と答えているのを考えると徹底的な対応が国民からの支持を左右するのではないでしょうか。

トランプ大統領は7月に入り対中国への対応を強めています。

大統領選挙を目前に控えた今、国内の問題も山積みですが外交でどれだけ注目を集めるかがトランプ陣営の勝利を決定づけるのではないでしょうか!

まとめ トランプ大統領の再選の可能性が『ほぼ0』な理由3選!対中国政策が鍵を握る?

今回はトランプ大統領の再選の可能性が『ほぼ0』な理由についてまとめてきました!

  1. コロナウイルスを軽視しアメリカ経済の低迷
  2. 人種差別に対する抗議デモの活発化
  3. トランプ弾劾裁判

こちらの3つが関係しているようですがトランプ陣営は中国に対し強硬な対応を見せているので、国民からの支持を得ているようです。

最後までどうなるかわからない大統領選挙から目が離せませんね!

【陰謀論】トランプ大統領と秘密結社イルミナティの関係とは?カードが未來を的中させた?都市伝説が好きな人であればドナルド・トランプが大統領選挙に勝つことが、とあるカードによって未来予測されていたことをご存知の人も多いのでは...
【画像】トランプ大統領の若い頃がイケメン!映画出演した過去も?アメリカ大統領として日本のニュースにも連日映し出されているトランプ大統領。 今では大統領として貫禄がありますが、若い頃は俳優顔負け...
【画像】トランプ大統領の家系図が豪華すぎる!3人の妻と5人の子供総まとめ!何かと話題のトランプ大統領ですが、その家族たちもメディアで多く取り上げられていますね。 トランプ大統領は3回も結婚しておりその間に...