時事ネタ

ウイグル弾圧疑いの日本企業12社はどこ?ユニクロ・任天堂など有名企業ばかり!

ウイグル自治区での強制労働・弾圧に対し日本企業12社が関与していた疑いがあります。

関与が確認され次第、英国・米国などの取引が中止されるようですが、そこには日本国内では知らない人は少ないほどの大企業ばかりでした。

今回はウイグル弾圧の関与の疑いがかけられている日本企業12社がどこなのか調べていきます。

ウイグル弾圧疑いの日本企業12社はどこ?

2021年2月22日時点でウイグル弾圧に関与していると疑われている日本企業12社は以下の通りです。

【ウイグル弾圧の関与が疑われる日本企業12社】

  1. 日立製作所
  2. ジャパンディスプレイ
  3. 三菱電機
  4. ミツミ電機
  5. 任天堂
  6. パナソニック
  7. ソニー
  8. TDK
  9. 東芝
  10. ファーストリテイリング(ユニクロ)
  11. シャープ
  12. 良品計画(無印良品)

12社全てが日本国内で知らない人はいないくらいの大企業ばかりでしたね。

関与の疑いがある、無印良品はウイグル自治区にて採れた『綿』を使用していることを2020年初めまでウェブ広告に記載していたようです。

他にもユニクロが同じ綿を使っていたと商品説明しており、ますます弾圧関与の疑いが強まっていきます。

日本企業12社はウイグル弾圧に関与している?

日本企業12社の内11社に日本ウイグル協会から弾圧に関与していたのかという質問状が送られています。

11社のうち、パナソニック以外の企業は関与を否定。

パナソニックは現在に至るまで質問状への反応はなかったようです。

今の所は質問状に対する回答しか情報がないため、日本企業は弾圧に関与していなかったということになります。

日本国民としても12社がウイグル弾圧に関与していなかったことを願います。

ウイグル弾圧疑いの日本企業に対しネットの声は?